ニキビ対策で心がけること

ニキビは体の思わぬ不調が原因でなる場合もあればホルモンバランスなどの変化によって出来てしまうこともあります。

その原因として一番多いのが脂質の過剰摂取により顔のあちこちに出来てしまうというケースです。この場合には出来てから数日で炎症がおさまり自然に消失するケースも珍しくはなく食生活の改善のみで症状を治すことができます。次に多いのが女性の生理前などでホルモンバランスが変化している時に出来てしまうパターンです、このケースでは生理が終わった後もしばらく症状が続く場合もありますがニキビができる個数もあまり多くはありませんから気付かないという方も多くいます。

これ以外にも思春期や中高生の時期に数多くのニキビが出来てしまうというケースがありますがこの場合には皮膚の炎症が原因でなっている場合や成長期のホルモンバランスの変化によって起こっている場合もありますので皮膚科に行って原因を特定することが大切です。

いずれのパターンにおいても毎日洗顔し清潔に皮膚の状態を保つことで予防が可能ですから出来てから対策するのではなくできる前に対策を講じておくことが重要です。

ニキビはその年齢や生活習慣に性別などによっても大幅に原因が異なりますので生活習慣を改善しても治らない場合には素人判断などはせずに専門医の診断を受けてみることも大切です。ニキビの治療方法は塗り薬や飲み薬など症状により様々ですので原因にあった治療法を選択しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *