レーザー脱毛と日焼け対策

効果が高いとされるレーザー脱毛は、施術で効果を楽しみにしながら、正しいケアもしていきます。

レーザー脱毛のケアで欠かせないのが、お肌の紫外線予防です。最初のカウンセリングでも、脱毛に通う期間は、絶対に日焼けしないよう注意があります。

レーザー脱毛の仕組みからいっても、太陽の光をたっぷり浴びて日焼けすることは、タブーでしかありません。レーザー脱毛のシステムは、カミソリ処理にように、ムダ毛をシェービングするのではありません。



脱毛にクリニックへ行く前には、自分でムダ毛をシェービングはします。

しかし医療レーザーは、毛根の組織を破壊することで、脱毛効果へとつなげるものです。

もしも日焼けして黒い肌になったら、レーザーは毛根組織を破壊するのみではなく、黒くなった肌も大きな刺激を与えようとしてしまいます。

梅田の全身脱毛の情報を掲載しています。

これが、ヤケドのリスクにつながります。
脱毛に通い始めたら、日焼けしないよう、対策を行いましょう。まずは毎日、日焼け止を使用することです。メイクをする女性は化粧下地に、日焼け止め効果があるタイプを使うと良いでしょう。


リキッドファンデーションを使うなら、SPF値のあるパウダーも使うと良いかもしれません。


日焼け止めは、日中に塗り直して使います。
外出時には、日傘をさしてもいいです。



帽子をかぶるのも、対策のひとつです。

家に帰ったら、日焼け止めは、汚れとともに、きれいに洗い流しましょう。

こういった対策も、レーザー脱毛には大切なことです。